高校は通信制高校に通いたい?!選び方3選!

学費の確認をしておこう?!

通信制高校の場合、公立か私立かでは、学費に大きな差があります。学費が安いのは公立高校です。しかし、私立高校の通信制の場合は、設置されているコースが独自のものの場合などがあります。学びたいコースが私立にしか無い場合は、市立に通った方が良いですよね。また、私立の方が学費が高い分、サポートが充実していたり、学校側の取り組みが積極的だったりと公立高校と比べ長けているところもあるでしょう。学費は通っている間、払い続けなければいけないものなので、先を見据えてしっかりと確認し検討しましょう。

通える範囲に校舎があるか?!

通信制高校の場合、自宅学習がメインとなるでしょう。しかし、年に数回スクーリングというものがあり、実際に校舎に出向くことになります。通信制高校には広域通信制高校と狭域通信制高校というものがあります。広域通信制高校とは、私立に多く全国からの入学、又は指定された3県からの入学が可能とされています。全国数カ所にキャンパスがある学校が多いので、近くにキャンパスがあれば通えますよね。狭域通信制高校は、学校のある所在地と近くの都道府県の指定されたところからなら入学することが可能です。自分がスクーリングをしっかりとこ行える高校を選ぶようにしましょう。

サポート校はある?!

通信制高校を選ぶ場合、サポート校があるところを選ぶと良いでしょう。自宅学習がメインとなるので、自分で勉強をどんどん進めていかなければいけません。わからなくなってしまった時に、挫折してしまう人も多いのです。必ず苦手な箇所や理解出来ない箇所というものは出てきますよね。その時にサポート校があると、自宅学習だけではわからない所を直接指導してもらうことが出来るのです。サポート校をうまく利用して卒業できるように、サポート校を設立している通信制高校を選ぶと良いでしょう。

通学だけが高校生活ではありません。通信制高校のカリキュラムでも高校生活をエンジョイできます。自分に合った進め方で高校卒業案でサポートしています。