相続税対策としてやっておくべきことについて!

節税であることを意識する

節税対策というものは、色々とあるのですが、問題はサラリーマンはなかなかできない、ということです。サラリーマンはあくまで給料所得、ということになりますから、どうしても難しいことが多いのです。しかし、贈与はできます。この方法はよいのです。節税、ということになりますから、別に脱税ではありませんから、それは気にしなくてよいです。これがとても大事なことになりますから、覚えておくことです。相続税の節税対策も贈与で出来ます。

贈与が基本的な節税対策

節税というのは、決して悪いわけではなく、認められたことであれば、積極的にやるべきであるといえます。そんなにやれることが多いわけではないのですが、考えて見る価値はあります。例えば、扶養家族がいる、ということが一つの節税になります。これは送金をしている、ということでもいいのです。それが贈与である、ということもあります。これは年間、110万円までは可能になっていますから、安心して贈与していくとよいでしょう。

会社経営をしている場合

多くの経営者というのは、節税をしているものです。もちろん、あくまで認められる範囲内です。光熱費、マイカー購入などの費用、或いは維持費、そして、接待と言う名の食事代など色々とあるわけです。もちろん、限度がありますし、結構ラインが厳しいものであり、大変ではあります。しかし、相続税に関しては会社組織で譲り渡す、という方法であればこれは十分に節約できるようになりますから、お勧め出来るやり方であるといえるでしょう。

「相続」と言うと難しいなぁと思いますが、相続の申告を税理士に相談すると簡単になります。相続を専門とする税理士さんに頼めば、難しい相続問題も簡単解決します。