あなたはどうやって選ぶ?火災保険を選ぶ時に見ておきたいポイント

保険対象はどうなっているか見ておこう!

火災保険を選ぶ時ですが、まず見ておいて欲しいのが保険対象なんです。ここをしっかり見ておかないと、いざ火災になって被害が出た時、補償して欲しい所が補償してもらえないという事になりかねません。基本的には建物と家財に分かれていて、建物しか対象になっていないプランを選ぶと、電化製品などの家財に被害が出た場合補償してもらえないんです。自分がどこを補償して欲しいかによって、プランを選ぶ必要があるというわけですね。

補償範囲がどうなっているかにも注目!

火災保険は火事によって被害が出てしまった時補償してくれる物ですが、実はプランによっては火災意外の災害にも対応している事があるんです。落雷や水災、中には盗難被害に合った時の損害まで補償してくれる物もあります。最初からプランに入っている物や、特約としてつけられる場合もあるので、火災意外の補償も受けたい時にはしっかりとチェックしておきましょう。ただ補償を厚くすればする程、保険料が上がってしまうのでそこには注意してくださいね。

保険料を安く抑えるためのポイント!

保険料はプランによっても大きく変わりますが、ちょっとしたポイントを知っておけば、安く抑える事もできるんです。まず手軽にできるのが、補償範囲を限定するという事です。火災意外の水災や落雷の補償を外したり、余計な特約をつけないというのがポイントになります。住んでいる地域が海から離れていれば、水災の被害に合う可能性は低いのでつける必要は少なくなります。自分の住んでいる家がどういった災害に合いやすいかを見極め、必要ない物は削るようにしましょう。

住宅やオフィスビルなどが火災により焼失した場合損害が発生します。その損害を保障するのが火災保険です。